更新履歴

  • 大会開催延期について(「大会概要・ルール」)(1/9更新)
  • ルールを一部公開(「大会概要・ルール」)(12/27更新)
  • エントリーを開始しました。エントリーはこちらから。(9/27更新)


【重要】大会開催延期について

政府発表で緊急事態宣言が発令され、期間が2/7までとなったことで、掲げていた開催基準「国からの緊急事態宣言、東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県からの自粛要請・外出自粛の呼びかけ、使用する会場からの使用禁止が2月以降出ていないこと」を満たすことが困難であることから、2/21の当大会の開催は延期とさせていただきます。


詳細については以下の項目をご覧ください。


今後の開催是非について

Created with Sketch.

今後、感染状況がどのように推移していくか未知数なのですが、主催としては以下のように考えています。


・解除後1か月の推移を見て、減少傾向にあると判断できること、会場の確保が可能であることが確認できれば、オリンピック前までの開催を目指す(できればGW中に開催したい)

感染状況については、東京都内のモニタリング項目でステージ3以下になることを一つの目安とします。

(参考:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/monitoring.html


・今年にオリンピック開催されるのであれば人の出入りが増えるため、それ以降の感染拡大がどうなるのかが予測できない。7月までに開催できそうにない場合は2022年以降の開催とする予定。


・オリンピックが開催されないのであれば秋開催も視野


現段階ではいつ開催する、とは明言できない状況です。

少なくともエントリー頂いた皆様には開催の目途が立ち次第改めてご連絡いたします。

既にエントリー頂いた方・今後エントリーを考えていた方へ

Created with Sketch.

再度開催の目途が立っても、会場の縮小・変更など一部変更が入る可能性がございます。

既にエントリー頂いた方の中にはこれにより参加が困難となってしまう方もいらっしゃるかと思います。私共としても大変心苦しいのですが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。


エントリーフォームは継続して公開しておきます。興味を持った方はエントリーをいただけると幸いです。

再度開催の目途が立った際には、エントリー頂いた皆様に改めて日程のご連絡・参加意思の確認をさせていただきます。

延期後の日程を見てからキャンセルいただいてもキャンセル料等は一切かかりませんのでその点はご安心ください(ただ、キャンセルされる場合は公式アドレスsasuke.quiz37[at]gmail.com までご一報ください。)


少なくとも、現時点(2021/1/09)で既にエントリー頂いた方の分の参加枠は確定で確保すること、再開目途が立ち次第本エントリー者にはご連絡差し上げることはお約束いたします。

※仮エントリーのみの方分は以降は考慮しないものとします。参加を希望される方は必ず本エントリーから表明をお願いします。

最後に

Created with Sketch.

開催が1か月前に差し迫り、準備もほぼほぼ出来上がりつつあり、昨年の放送の熱が残っている間に開催したかったこの時期に限ってこのような決断をしなければならなかったことは本当に残念に思います。また、当大会に興味を持って下さり、エントリーしていただいた方々を二度にわたる延期によって振り回す結果となってしまい、非常に申し訳ございません。

今まで興味をもって当サイト内容を共有していただいた方々、問題提供や運営協力で多大なご支援をいただいた方々の思いは無駄にはしません。またしばらくお時間をいただくかもしれませんが、必ず一つの形にすることだけはお約束致します。

今を積み重ねた先に、開催を実現できる日が来ると信じて頑張っていきますので、何卒宜しくお願い致します。

SASUKE QUIZ WARRIOR 大会概要

コンセプト

TBSが世界に誇る大人気番組『SASUKE』の知識No.1を決めるクイズ大会

開催日

未定
(早くて2021年5月、遅くて2022年以降)

会場

未定
(2月と同様に小松川区民館を予定)

時間

 オープニング開始・10:45(予定)
 終了・19:00(予定)

参加費

未定
(最大で社会人1500円、学生1000円を予定。参加者数により変動します。参加者が多くなるほど参加費は下げます。
頂いた参加費は会場代・大会で使用する機材の費用・感染症対策等に充てさせていただきます。)

定員

100人(予定)

参加資格

ルールとマナーを守っていただける方ならどなたでも

持ち物

・筆記用具(ペーパークイズの回答のため。シャープペンシル又は鉛筆推奨)

・下敷き(当日会場に机がないため)

・参加費(なるべくおつりが出ないようお願いします)


・テーマ曲のみを入れたUSBメモリ(希望者のみ。「テーマ曲の提出について」を参考)


連絡先

 Mail:sasuke.quiz37[at]gmail.com
([at]を@に変換してください)
Twitter:@SASUKE_QUIZ

※当大会について会場の小松川区民館、SASUKE番組関係者への問い合わせはおやめください。

注意事項

当大会はTBS及び『SASUKE』関係者は一切関与しない、ファンによる非営利のイベントとなります。選手の方の登場などは(本人がエントリーしない限りは)ございませんのでご注意ください。

問題について

参加者・見学者・問題提出者には当大会の問題をまとめたデータファイルをお送りする予定です。問題集は一般販売はしない予定なのでご了承ください。

大会ルールについて

現状決まっている箇所を公開します。
参加人数により以下の点を再度考慮するので、決まり次第追記いたします。

・各STAGEのクリア人数
(各STAGEには「最大クリア人数」「最低クリア人数」が規定されており、クリア者が「最大クリア人数」に達した時点でタイムアップ扱いとしてその時点でSTAGEを終了、各STAGEの限定問題数が終了してもクリア者が「最低クリア人数」に満たない場合は最終結果を基に判定勝ちとするケースがございます。現在までのところ、
1stSTAGEクリアは16~24名
2ndSTAGEクリアは6~10名
3rdSTAGEクリアは2~4名
と考えていますが、当日までの参加人数により変動させる可能性がございます。)

・1stSTAGEのクリアに必要な規定ポイント

・1st・2ndの統合ルール
(参加人数が20名前後になった場合は、全選手に1st,2ndに挑戦いただき、その成績を踏まえて3rdSTAGE進出者を決定するルールの導入を検討しております。)

※全プログラム終了後に予備問題・未使用問題を使用した交流企画を予定しております。途中でリタイアとなってしまった選手の方もぜひ最後まで見ていただければと思います。

ゼッケン争奪ペーパークイズ

Created with Sketch.

1問 1 点、計 100 問 近似値問題 1 問のペーパークイズ。
制限時間は20 分。
当ラウンドの結果によりゼッケン番号が決定され、
1 位~ 6 位は上から順に 100~95 のゼッケンが与えられる 。
7位以下は順位と同じ数字のゼッケン番号が与えられる。
当ラウンドの結果は各ステージで最終判定に用いられる。

出題するのは全て「ある記録」についての問題である。 

1stSTAGE

Created with Sketch.

全30問からなる「早立ち」式クイズ。
・問題を口頭で読み上げるので、問題の途中で答えがわかった選手は起立をする 。
・誰かが起立したと出題者側で認識した時点で、問題文の読み上げがストップ し、そこから2カウントを取る 。
この時点で答えがわかった選手も起立できる 。
※「他の選手が立った」と認識してから「自分も立つ」もOK です。 ただし、「一度立った後にもう一度座る」ことは不可です。
・シンキングタイムとして15 カウントを取る 。 この間は「起立した選手のみ」解答用紙に解答を書く 。
・その後、最後まで問題を読んだあと、再度シンキングタイムを15カウント取る 。この間は「着席している選手のみ」解答用紙に 解答を書く 。
※全部問題を聞いて自分の答えを変更したいと思っても、「起立している選手」の解答の書き直しは不可です。

・起立・着席の状態により正解・誤答によるポイント変動をそれぞれ行い、獲得ポイントが規定数に達した時にクリアとなる。

2ndSTAGE

Created with Sketch.

1stSTAGEクリア者を2組に分けて行う50問の早押しクイズ。 

シングルチャンスの早押しクイズ。
(正解・誤答に関わらず解答できるのは1着でボタンをつけた1人のみ) 

5問正解で2ndSTAGEクリア。3rdSTAGE 進出となる。2問誤答でリタイアとなる。 

3rdSTAGE

Created with Sketch.

筆記+早押しを複合させたクイズ。最初は「ボード STAGE」から行う。 

<ボード STAGE> 

様々な形式の問題を筆記で答えるクイズ。正解で+1p。誤答のペナルティはなし。 

誰かが6pに到達した時点で「早押し STAGE」に移行する。 

<早押し STAGE> 

シングルチャンスの早押しクイズ。

(正解・誤答に関わらず解答できるのは1着でボタンをつけた 1 人のみ) 

6pを持った選手が正解すると 3rdSTAGE クリア。FinalSTAGE 進出となる。 

5p以下の選手が正解するとその選手に+1p、かつ6pを持つ選手は全員-1p+☆を1つ獲得となる。 
(☆はクリア者が規定人数に達しない場合の判定に用いられる)

6pを持つ選手がいなくなった場合は「ボード STAGE」に戻る。

ボードSTAGEの問題は30問、早押しSTAGEの問題は20問。どちらかがなくなった時点で終了となる。  

FINAL STAGE

Created with Sketch.

シングルチャンスの早押しクイズ。
(正解・誤答に関わらず解答できるのは1着でボタンをつけた 1 人のみ)

正解で+1p、誤答でポイントが0に戻る。2 回目の誤答でリタイアとなる。 

7pに最初に到達した選手が SASUKE QUIZ WARRIOR の優勝者:
「完全制覇者」となる。

※完全制覇者が出た時点でFinalSTAGEは終了となる。

45問の問題を出題し終える、全選手がリタイアとなった時点で終了。(1)FinalSTAGEで記録した最も高いポイント数→(2)

3rdSTAGEの順位で順位を決定し、最上位の選手を SASUKE QUIZ WARRIOR の優勝者:「最優秀選手」とする。 

共通ルール

Created with Sketch.

・早押しクイズにおけるシンキングタイムはボタンが押されてから5秒間、問題が読み切られてから3秒間とする。 

・ブザーと同時にボタンが押された場合はスルー扱いとし、また、ブザーと同時の解答は誤答扱いとする。 

・自分のボタンがついていないのに解答を言ってしまった場合は「独り言」とみなす。

・解答が聞こえなかった場合は、「聞こえませんでした」と再解答を促す。この場合は同じ解答を言わなければならない。 

・正解に非常に近い解答が言われた場合は「惜しいのでもう1度」と言って再解答を促す。この場合は先ほど解答した答えとは異なる解答を言わなければならない。 

・正誤判定に異議を唱える場合は、解答が発表されてから、次の問題が読まれるまでとする。 

・クイズ中の正誤判定・問読みの明確なミスにより解答者が不利になるような事態が起こった場合、判定の訂正、または問題を無効とし、問題を補充する場合がある。 

・問題文中に不備があった場合、解答発表後に異議を申し立てることができる。問題文の不備が認められた場合、ボタンを押した人の正誤に関わらずその問題は無効とし、1問問題を補充する。 

・カンニングは厳禁。 

正誤判定基準

Created with Sketch.

・「SASUKE オールスターズ」といった時は「山田勝己・秋山和彦・山本進悟・竹田敏浩・長野誠・白鳥文平」の 6 人を指す。 

※第 18 回大会の実況では「オールスターズは 5 人」と言われていたり、19 回の実況では長崎峻侑が含まれたりなど実況によるブレがありますが、歴史的功績や実績、番組内で多く扱われている事例などから考慮し、「SASUKE オールスターズ」の事柄を問う問題が出題された場合は、挙げた 6 名を指すものとして出題します。 

・「SASUKE 新世代」や「森本世代」の区分はあいまいな部分が多いため、問題文中で選手に対する修飾語としてのみ使用する。 

・問題文中で「第〇期」という表現が出た場合は以下の大会を指す。 

第 1 期 第 1 回~第 4 回大会  

第 2 期 第 5 回~第 17 回大会 

第 3 期 第 18 回~第 24 回大会  

第 4 期 第 25 回~第 27 回大会  

第 5 期 第 28 回~第 31 回大会  

第 6 期 第 32 回~現在まで 

全てリニューアル~完全制覇者が出るまでを 1 区切りとして定義しています。 

 

・名前を解答する問題は、西洋人名・東洋人名を問わず、出場時に使用した名前のフルネームを要求します。 

例:

Q.第 10 回大会で述べた「俺には・・・SASUKE しかないんですよ・・・」というセリフが印象的な、「SASUKE オールスターズ」の 1 人に数えられる選手は誰でしょう? 

A.山田勝己 

「山田」「ミスターSASUKE」は「もう一回」の対象 


Q.初出場した20回大会以降クリアしたステージは全て最速タイムであり、競技中に行う前方宙返りや後方宙返りなどのパフォーマンスでも知られる、アメリカ出身の出場者は誰でしょう? 

A.リーヴァイ・ミューエンバーグ 

「リーヴァイ」「ミューエンバーグ」は「もう一回」の対象 


※多くのクイズ大会ではファミリーネームのみの解答が認められていますが、選手呼称として必ずしもファミリーネームがよく使われていることではなく、(上の例でいえば、番組内で「ミューエンバーグ」という実況はほとんど使われず、「リーヴァイ」の方がよく使われています。)実況で必ず一度はフルネームで呼ばれているため、選手の特徴や名前をきちんとつかんでいるかを問いたいという理由から、このような判定を行うことにしました。 

特にクイズ慣れしている方にとっては少々混乱するかもしれませんが、何卒ご理解をお願い致します。 

※ただし、番組内で言われていないミドルネームは判定に関与しません。番組内で言及されている場合は正誤判定に含むものとし、解答を要求します。番組内の言及は、選手紹介テロップに出ているかどうかを基準とします。
 

※芸名等で出場している選手に関してはこの限りではありません。

Q.自身のブログにて好きな男性タレントに「SASUKE オールスターズ」を挙げるほど、「SASUKE」の愛好家として知られている、ヴィジュアル系バンド・ゴールデンボンバーの Doramu を担当している人物は誰でしょう? 

A.樽美酒研二 

 

・人名に冠される敬称や肩書は正誤判定には関係しない。ただし、明らかに異なる場合は誤答扱いとする。 

→「ミスターSASUKE 山田勝己」「山田勝己さん」は〇 

 

・書きを要求する問題において、漢字の書き間違いは誤答とする。 

Q.第 10 回大会で述べた「俺には・・・SASUKE しかないんですよ・・・」というセリフが印象的な、「SASUKE オールスターズ」の 1 人に数えられる選手は誰でしょう? 

「山田勝巳」は× 


番組内での誤記・誤読がある場合でも、それ自体を問われない限りは正確な書き・読みを要求します。 

※少しでも漢字に不安がある場合は、ひらがなで書くことを推奨します。ただし、読みがなを誤った場合は誤答とします。 

 

・「全て答えなさい」という形式の問題に関しては、答える順番を問わない。

 

・ゼッケン番号そのものを問う問題に関しては当日放送されたゼッケン番号で答えることを要求する。 

それ以外の、ゼッケンの通算記録などを問う問題等に関しては、記念大会のゼッケンは 1~100 番のゼッケンに換算して考える。 

→Q.長野誠が 100 番のゼッケンをつけた回数は何回でしょう? 

A.15 回 

※第 20 回大会はゼッケン 2000 番ですが、100 番に換算して計算します。

 

※出題範囲の都合上、似通った問題や、他の問題の答えの 1 つ、問題文で出てきた固有名詞が別の問題の答えとして使用されることがございます。問題文は工夫し、様々な角度から出題いたしますので、「どこかで出題されたような?」と思っても恐れず答えていただければと思います。 

 

※もしSASUKEに出場した選手の方が参加されても、その選手に関する問題の出題順を変更することは致しません。 

選手の方が参加し、自分に関する問題が出てきても躊躇なく答えてください。

開催に際してのご挨拶

初めまして。当大会の主催を務めます、平山猛と申します。

SASUKE出場者でも合同トレーニング参加者でもないため、SASUKEファンの方々からすれば「誰・・・?」と思われていると思うので先に自己紹介をさせていただきます。


私はこれまで「高校生クイズ」を目指したり、有志で開催されている早押しクイズの大会に向けて勉強したりと、いわゆるクイズプレイヤーとして活動してきた者です。最近では、学生向けのクイズ大会の主催や運営手伝い、クイズの全国リーグの運営に関わらせていただいたりするなど、サプライヤーとしてクイズにかかわらせていただいております。


そんな私が「SASUKEのクイズ大会を開きたい」と思ったきっかけは、昨年6月に開催された、クイズLIVEチャンネルのニコニコ生放送企画「サミット#02」で行われた「SASUKEクイズ大会」でした。昔から何度もSASUKEを繰り返し見て、SASUKEに関するクイズ問題を100問近く作成していた私は意気揚々と応募し、出場が決まってから1週間仕事終わりずっと録画していた放送を見続けるというSASUKE漬けの生活を送った結果、運よく優勝することができました。

(有料放送ですが、とても面白いので是非ご覧ください→https://ch.nicovideo.jp/quizlivech/video/so35611588


これをきっかけにSASUKEマニアの方たちとTwitter等でつながることができたのですが、皆さんの話を聞いているとデータやエピソードをものすごく細かく覚えてらっしゃる方がたくさんいることを知りました。そういった状況を見て、もっと大勢の人でSASUKEクイズをやってみたい!という思いが強くなり、この度開催させていただく運びとなりました。


コンセプトとしては「SASUKEに一番詳しい人を決める」「SASUKEが好きな人が楽しめる大会にする」を掲げ、問題・演出の作成を進めています。ぜひ多くの方(叶うのであれば100人の参加者に)に挑戦いただければと思っています。宜しくお願い致します!